産業用太陽光発電で利益は出すことが出来ます!

始めまして私は会社員として勤めており、現在の会社で産業用太陽光発電の設置を会社のプロジェクトとして取り組んでいます。

 

現在は3か所で産業用の太陽光発電の設置とメガソーラーの建設を導入するかしないかをプロジェクト内で話し合っている真っ最中です。

 

このサイトでは実際に私が産業用太陽光発電で利益を出すということにプロジェクトとして取り組んでいる経験をもとにどうすれば産業用の太陽光発電で利益を上げることが出来るのかを紹介していきたいと思います。

 

ちなみに今まで3か所の産業用太陽光発電の設置を行っていますが、3か所目に設置した太陽光発電が回収率も高く、より多くの利益を上げていくことが出来ています。

 

それは回数を重ねることに利益を上げるためのポイントがわかってきたということが一番大きく、わからないままただ単に産業用太陽光発電を取り付けてしまうとそれだけで取れるはずの利益が取れなくなってしまうということを知ったからでした。

 

私が経験した産業用太陽光発電で利益を上げるためのポイント

利益を出す

 

実際に私が体験したことだったのですが、1件目の太陽光発電の設置会社と2件目の太陽光発電の設置業者では価格に大きな違いが出ていました。

 

初期投資が莫大な金額になってくる産業用太陽光発電では太陽光発電パネル1枚の価格が1000円違うだけでも初期投資額が大幅に変わってきます。

 

初期費用の推移

 

また設置会社の知識力によっても見積りが大きく変わる点も驚きました。

 

以外だったのは、パネル以外の設置の価格と同等に設置器具の価格です。

1番は太陽光発電のパネルを支えるための架台の価格に違いが結構な金額で出てくる点でした。

 

初めの産業用太陽光発電では、より多くの発電をするために1枚当たりのパネルの大きさを大きくしました。もちろんパネルの大きさが大きくなれば発電効率やパネルのコストは安くなるのですが、パネルの枚数と同等の架台も設置しなければなりません。

 

パネルが大きいということは架台もより丈夫なものにする必要があり価格も上がってしまいます。

以外と架台のコストが上がると初期費用に大きな差があることが2件の産業用太陽光発電を設置して学ぶことが出来ました。

 

ちなみに2件目はパネルのサイズを抑えて架台のコストを下げるように設置してみました。

もちろんそれだけではないし、パネルのサイズを大きくして発電効率を高めたほうが良い場合もあるとのことなので一概には言うことはできませんが、2件目の太陽光発電のほうが利益は大きくなっています。

 

とここで言いたいのは、1件目に設置した時の業者にあまり知識がなかったということでした。

 

当時は、銀行から話を紹介されて会社的にもあまり乗り気ではなかった&特に利益も出ないだろうと考えていたため、話を頂いた業者としか話を進めていませんでした。

 

しかし知識がなかったのにも関わらず、予想を裏切って利益が出たのです。

 

それからは産業用太陽光発電は利益を出せるという考えに切り替わったので、専属の部署ができてその部署を私が勧めるようになりました。

 

さすがに専属の部署ができたので、前回の業者以外にも見積りを取ることになりました。

 

これが利益を上げることになった転機でした。

 

いろいろと調べてみた結果、複数の業者から産業用の見積もりが取れる会社があることを知り実際に見積りを取りました。

 

産業用太陽光発電では見積りを取るのにも時間が掛かりますが、このかかった時間に比例して利益も上がっていくことを実感しているので見積りを取るということを1番に重要視しています。

 

3社目の業者の時に効率の良い設置の方法やより利益を上げるためにはどうすればいいのかなどを詳しく教えてくれたのです。

 

初めに設置した業者は「発電効率を徹底的に高めていくことが利益につながります」だったのに

3件目に見積りを取った業者では「発電効率よりもまずは初期費用を徹底的に抑えることが利益につながる」という考え方でした。

 

実際に利益が多く上がったのは後者です。

 

産業用太陽光発電を取り付けたコンセプト

私が実際に取り付けを行った際の業者との話の中で生まれた結論です。

 

1件目の産業用太陽光発電

有名国内メーカーで発電効率重視

 

2件目の産業用太陽光発電

国外メーカーで価格重視

 

3件目の産業用太陽光発電

国内メーカーの低価格太陽光発電パネルで価格持抑えて発電効率もできる限りキープする

 

上記はこれまで私が設置してきた産業用太陽光発電の設置の際のキーワードです。

 

結果は3件目の産業用太陽光発電が初期投資の回収期間も短く、利益を多く生み出すことが出来ています。

 

 

これも1社だけではなく複数の業者へコンタクトを取って、複数の見積りをもらい、話しをしてより利益を出せるポイントを教えてもらったからです。

 

本当にこれが重要で1社からだけの見積りで終わってしまうと後で後悔することが非常に高いです。

 

実際に初めの1か所目の産業用太陽光発電の設置からしっかりと業者選びをしてさえいればもっと利益を出すことができたと実感しています。

 

 

私が実際に複数の業者に見積りを依頼するときに使用した方法

その方法は単純で「無料で行える一括見積りサイトを利用する」ことでした。

複数の業者に依頼するにも産業用発電を取り扱っている業者は意外と少なく、家庭用の太陽光発電の取り付けは行っていて、産業用太陽光発電は行っていないといった業者があるからでした。

 

もともと自宅に太陽光発電を取り付けたときに家庭用の太陽光発電の無料一括見積りを行ってくれるタイナビを利用しており、その中で産業用に特化した無料見積りサイトも登場したことをきっかけに実際にお世話になっています。

 

手っ取り早く複数の産業用の太陽光発電業者に見積り依頼を行える為、そのあとの見積りを取る時間に集中することが出来るので時間を無駄にすることがなく利益を上げるための行動を取ることができます。

 

何度も言いますが、見積りにどれだけ時間をかけて複数の業者と話をするのかが最大のポイントです

ですので見積りの時以外に時間をかけてしまうと相当なロスにつながります。

 

このロスをなくすために産業用太陽光発電の無料一括見積り「タイナビネクスト」利用すると効率が非常にいいので覚えておいてください。

 

a_btn040 【タイナビNEXT】無料で産業用太陽光発電一括見積り!

 

 

最後に

太陽光発電については当サイトと同様にネットで調べるといろいろと情報を調べることができます。

 

しかしネットで自分なりに調べようとすると時間も手間もかかってしまいます。

 

そんな手間をかけるよりは、1社でも多く見積りの依頼をかけて直接見積りを依頼した業者にどうしたらより利益を出すことが出来るのかを聞いたほうが早いし確実です。

 

やっぱり太陽光発電を多く導入してきただけあって、調べた知識にはない、実際のデータをもとにした確実な知識を教えてくれます。

 

産業用太陽光発電で利益を出したいと考えている方は、やはり業者選びに手間おかけるよりも、簡単に複数の業者に見積りを取ることのできる無料一括見積りサイトを利用することをお勧めします。

 

業者選びよりも、できるだけ多く業者に見積りをかけて徹底的に手間をかけること。

 

見積りに手間をかける分、それ以外のところでしっかりと短縮していくことこそが産業用太陽光発電で利益を出す最大のポイントだと確信しています。

 

ちなみに一括見積りサイトは上記にも書いたと思いますが、「タイナビネクスト」が見積り件数も多く行っているサイトでテレビで紹介されるなど安心感が高いのでお勧め度も高いです。

 

タイナビネクストでの見積り入りはこちらから行えますので、見積りを依頼される方はどうぞ。

 

 

a_btn040 【タイナビNEXT】無料で産業用太陽光発電一括見積り!

 

 

 

 

 

このページの先頭へ